初心者から画像制作 -3D Graphic Design from Beginner-

3D画像制作を独学で1から勉強。

Blender 17日目。「配管のモデリング」 その1。

はじめに

Blender 3DCG モデリング・マスター

Blender 3DCG モデリング・マスター


今日も↑の本を進めていきます。今日から中級編になります。
SECTION 3.1「配管のモデリング」をやりました。
 

今回の作業


頂点が24個の円を配置します。
 

X軸に90度回転させます。
 

上半分の頂点を削除します。
 

「押し出し(E)」→「Z」で、隅っこの頂点をZ軸方向に伸ばします。
 

半径0.7、頂点24の円を再度配置します。
 

右上の頂点以外を削除します。
 

接続するために位置を調整します。
 

端っこの頂点をX軸方向に伸ばします。
 

マグネットみたいなアイコンをクリックして「スナップ」を有効にします。
スナップする要素→頂点を選択。
くっつけたいメッシュを選択して、くっつけたい頂点にポインタを持っていきます(くっつけたい頂点が円で囲まれるとok)。
左クリックでくっつきます。
くっつけたら、「メッシュ」→「頂点」→「重複した頂点を削除」しておきます。
「スナップを無効」に戻します。
 

オブジェクトモードで「メッシュオブジェクト」を「カーブオブジェクト」に変換します。
「オブジェクト」→「変換」→「メッシュ/テキストからカーブ」を選択。
右上のアイコンがカーブになりました。
 

右のカーブアイコンをクリックして「ジオメトリ」の「ベベル」、「深度」を0.2にします。
これがパイプの太さになるようです。
 

「解像度」を「4」にすると、メッシュが分割されます。
 

「フィル」を「フル」にすると、メッシュがパイプ状になります。
 

「オブジェクト」→「変換」→「カーブからメッシュ」に戻します。
これで編集可能なメッシュに戻りました。
 

完成


配管っぽいものができてきました。今日はここまでにします。
次回はこのパイプの微調整をしていきます。
 
Blender 3DCG モデリング・マスター

Blender 3DCG モデリング・マスター

>次の記事

<前の記事