初心者から画像制作 -3D Graphic Design from Beginner-

3D画像制作を独学で1から勉強。

Blender 72日目。「マテリアル」 その1 ~「Cyclesレンダー」。

無料ではじめるBlender CGイラストテクニック ~3DCGの考え方としくみがしっかりわかる

無料ではじめるBlender CGイラストテクニック ~3DCGの考え方としくみがしっかりわかる

 
今日も↑の本で勉強していきます。
CHAPTER 10「マテリアル」の勉強をしました。
 

↑は「Cyclesレンダー」+「ディフーズBSDF」でレンダリングしています。
Cyclesレンダーは「地面の照り返し」なども表現するため影がボケて見えるそうです。
一方、Blenderレンダーは「アニメ調」や「ゲームグラフィック」には丁度いいそうです。
 

「Cyclesレンダー」+「光沢BSDF」
顔が真っ黒になってうまくできていません。
 

「Cyclesレンダー」+「グラスBSDF」
これもいまいちです。「IOR(屈折率)」の調整が必要ですね。
 

「Cyclesレンダー」+「トーンBSDF」
漫画みたいでかわいくなりました。
 



 

グラスBSDFで透明にしてレンダービューにしたら、光のノイズがたくさんできました。
どうすればいいのでしょうか。
 
ググると、こちらのサイト(↓)に解決方法が書いてありました。
レンダータブの「間接値を制限」の数値を上げるとノイズが低減されるようです。

 

早速設定しました。
 

「間接値を制限」だけで、かなりノイズが減りました。
 


レンダリングしてみました。
ちょっとずつうまくできるようになってきたのかな?と思います。
次回は「マテリアルノード」の勉強をしていきます。
 



 
>次の記事

<前の記事