初心者から画像制作 -3D Graphic Design from Beginner-

3D画像制作を独学で1から勉強。

Blender 76日目。「テクスチャ」 その2 ~「バンプ」。

無料ではじめるBlender CGイラストテクニック ~3DCGの考え方としくみがしっかりわかる

無料ではじめるBlender CGイラストテクニック ~3DCGの考え方としくみがしっかりわかる

 
今日も↑の本で勉強していきます。
今日はCHAPTER 11「テクスチャ」の「バンプ」について勉強しました。
バンプを使うと細かな凸凹が表現できるようになります。
明るいところが凸、暗いところが凹になるようです。
 

前回と同じく、こちらのサイトから凸凹してそうなテクスチャをダウンロードしました。
今回はこれを使って、本書の通り勉強していきたいと思います。
 

マテリアルノードを設定しました。
前回との違いは「画像テクスチャ」と「マテリアル」の間に「バンプ」が入ったところです。
「画像テクスチャ」の「カラー」と「バンプ」の「高さ」をつなぐところがポイントでしょうか。
 

上の設定でレンダービューにすると、こんな感じになりました。
表面の微妙な凸凹が表現されています。
 



 

色を付けるために「画像テクスチャ」のノードを追加してみました。
 

レンダリングしてみました。
この画像だと凸凹が微妙なので、これだとよくわかりません。
バンプマップに使う画像はちゃんと選ぶか、加工しないとダメですね。
 
今日はここまでにします。
次は「テクスチャで質感の表現」を勉強します。
 



>次の記事

<前の記事