初心者から画像制作 -3D Graphic Design from Beginner-

3D画像制作を独学で1から勉強。

Unreal EngineとBlenderで3Dアクションゲームを作った話。

はじめに


昨年、私の好きな配信者の方が募集されていたアプリコンテストに応募しました。
先日結果がYouTubeで配信されていたのでそのことについて書きたいと思います。
少しだけ自己主張をお許しください。
 

アプリ王選手権


2019年6月に企画発表、7月から募集開始、当初は11月末が締切となっていましたが一度延長し、12月末に締切となっていました。

私は6~8月にUnreal Engineの基本的なゲーム制作を勉強してから、その後どんなアプリを作ろうか1か月くらい考えていました。年末は仕事の都合で時間が取れないことがわかっていたため、11月上旬までに形にして応募することを目標としました。
 
当初は「美術館を再現したバーチャルミュージアム」を作っていたのですが、ゲーム性がないのでダメかな?と思ってやめました。次に「新宿某所を舞台にして敵と戦うダークソウル風のアクションゲーム」を作ろうとしたのですが、ステージを作っている途中で期限に間に合わないと思って中止しました。最後に思いついたのが「崇拝するための神殿」を作るということで、これなら今まで集めた素材で間に合うと思い、パッションを込めて作っていたらああいう形になりました。
 
10月中旬から作り始め、10月末になんとか形にすることができました。しかし、Windowsのハイエンド環境向けで作ってしまったため肝心のBlueStacksで動きませんでした。さらに、Android向けに設定を変更するとテクスチャやライティングが崩れてしまいました。テクスチャを修正してもカクつき(ヒッチ)が多すぎて全然ダメでした。そこで敵の数や動き、装飾のオブジェクトを減らしたり、影が落ちないようにしたり、パッケージングの設定を変えてみたりして、とにかくBlueStacksで動作するようにして11月初旬に応募しました。
 

動画


「29分8秒」ごろからが私の作ったアプリです。

使用したソフト

・Unreal Engine 4.22
・Blender 2.81

使用した素材、お詫び

主に使用した素材は美術館の作品(配信のキャプチャ)、Blenderで作った人型モデル、Unreal Engineのアセットです。
美術館の作品製作者の方々、作品を無断で使用してしまい申し訳ありませんでした。またステージもひとつひとつ手作りしたかったのですが、時間が足りませんでした。

導入したかった機能

ダッシュボタン
 PCで作っていた当初はShiftキーでダッシュにしていましたがBlueStacksの環境にうまく落とし込めず断念しました。現在は導入できるのでちょっと後悔しています。※「WASDのキーマッピングを拡大」すると動きは少し速くなります。
・タイム、スコアによるランキング
・ステージのギミック
・状況に合ったSE
・お邪魔キャラの充実
・ルート分岐

使用した教材

Udemyの講義「作って覚えるアンリアルエンジン【Unreal Engine 4】~ダンジョンゲーム編~」
daibond氏が作られた講義です。全くの初心者からでもUnreal Engineでのゲーム制作からパッケージまでを詰まることなく理解することができます。説明がわかりやすく、しかも非常に聞きやすい声なので最後まで勉強が全く苦になりませんでした。今は少しバージョンが古くなっていますが、基本的な操作は現在のバージョンと同じなので、取り掛かりには1番良いと思います。初めてUnreal Engineを勉強したい方に非常にオススメです。私はこの教材で一通りUnreal Engineの基礎を学んでから、下記の本やYouTubeで知識を補足しました。

・「UnrealEngine4アクションゲーム ブループリント入門
各種アクションのブループリントはこちらの本を参考にしました。

UnrealEngine4アクションゲーム ブループリント入門 (GAME DEVELOPER BOOKS)

UnrealEngine4アクションゲーム ブループリント入門 (GAME DEVELOPER BOOKS)

  • 作者:Sig
  • 出版社/メーカー: 秀和システム
  • 発売日: 2019/04/01
  • メディア: 単行本
 

おわりに

11月初めに提出したので最初のほうに紹介していただいて、初見のインパクトで評価していただいたのだと思います。実はオープニング映像だけで容量の大きな部分を占めています(Unreal Engineのシーケンサー機能を使ってみたかった)。そこで力尽きてあとはご覧の通りとなっています。

とても楽しそうにプレイしていただいた加藤さん、アプリ制作の機会を与えていただいたBlueStacks社の松本さんをはじめ担当者の方々、配信中に盛り上げて下さった視聴者の皆様、ありがとうございました。

もし次回があればもっと完成度を上げた爽快感・達成感のあるアクションゲームを作ってみたいと思っています。時間が取れなければ、製作者の方にフリーの3D素材を提供できるように努力して腕を磨いていきたいと思います。