初心者から画像制作 -3D Graphic Design from Beginner-

3D画像制作を独学で1から勉強。

キャラクターのリギングを基礎から勉強しなおす その12。【Blender #540】

はじめに

Blenderでキャラクターのリギングを基礎から勉強して、
Webカメラで3Dキャラクターを操作できるソフト「FaceRig」に持ち込んでみたいと思います。
 

前回まで


前回はできる限りウェイトペイントを調整しました。
 


今回の作業

前回の続きからやっていきます。
 

Headボーンから眼球の真ん中までボーンを伸ばして、
 

瞳を制御するボーンを作成。
 

このあたりに配置しました。
 

眉を制御するボーンを作成。
 

頬を制御するボーンを作成。
 

眼球の位置を制御するボーンを作成。
 

DampedTrackでコントロールボーンに追従するように設定。
 

眉にもコントロールボーンを作成。
 

対称化でコピーして右側を作りましたが、非対称なのでひとつずつ修正していきます。
 

修正しました。このぐちゃぐちゃなトポロジーでうまく動くのでしょうか。
 

ここまで


これ以上首を回すと内側のメッシュが飛び出してきてしまいます。かなり動きの制限があります。
顔の動きでかなりの数の人が挫折するらしいですが、なんとなく理由がわかります。
 
眉のウェイトペイントをしようかと思ったのですが、今日はここまでにします。
次回もBlenderをさわっていきたいと思います。
(今回の作業時間:90分)