初心者から画像制作 -3D Graphic Design from Beginner-

3D画像制作を独学で1から勉強。

Unreal Engine 66日目。「横スクロールアクションゲームの制作」その1。

はじめに

前回まで、Udemyの講座「作って覚えるアンリアルエンジン【Unreal Engine 4】~ダンジョンゲーム編~ | Udemy」で基本的なゲーム制作の過程を勉強しました。
今日からはこれまで学んだ知識を使って横スクロールアクションゲームを作っていきたいと思います。
※奥行きのあるゲームにすると設定が難しそうなので、まずは横スクロールで作ってみようと思いました。
 

 

今回の作業


新規プロジェクトのブループリントにある「サイドスクロール」のアセットを使ってみます。
 

初期設定の状態ではコンテンツブラウザに「ジオメトリ」「マネキン」「サイドスクロールブループリント」の3つが入っています。
カメラはキャラクターの側面に固定されています。
 

プレイすると、WASDで操作できて障害物に乗ったり飛び越えたりできます。
 

レベルにはLightMassImportanceVolumeやPostProcessVolume、SphereReflectionCaptureなど、必要なものが最初から揃っています。
 

新規でレンガ模様のマテリアルを作りました。
 

メッシュのマテリアルスロットに割り当てます。
 

この設定をすると、こんな感じになりました。
テクスチャの縮尺がめちゃくちゃになっています。
 

メッシュのブループリントからカメラの位置を少し離しました。
 

周りのオブジェクトをすべて削除して、床にはアスファルトのテクスチャを設定しました。
空中にレンガブロックを並べてみました。
 

ここまで


プレイするとこんな感じになっています。これだけでもわりと良い感じに見えます。
普段は基本的な勉強を継続しながら、
思いついたときに少しずつゲーム制作を進めていきたいと考えています。
 
今後やりたいこと(メモ)
・キャラクターのメッシュはいずれ自作したものに置き換えたい。
・↓を押すとキャラクターが屈めるようにしたい。
・キャラクターへのダメージ設定、ラグドール化、リスポーン設定。
・キャラクターのアクション設定(攻撃)。
・レンガブロックを叩くと何か出てくるように設定にしてみたい。
・フリーのアセットを使って色々なステージを作りたい。
・敵キャラクターの作成。
 
>次の記事

<前の記事